福岡県糖尿病患者データベース研究

文字サイズ

睡眠時間

睡眠時間と糖尿病

日本人の睡眠時間は年々減少しています。


NHK放送文化研究所2010年 国民生活時間調査報告書より

睡眠時間が短すぎても、長すぎても、肥満が増えます。

血糖コントロールも、睡眠時間が短すぎても、長すぎても不良でした。

また、インスリンが効きにくくなるインスリン抵抗性も、
睡眠時間が長すぎて、短すぎても高くなりました。

  

また、睡眠時間は高血圧とも関係しています。

さらに、睡眠時間の過長短は、全身の微小炎症レベルとも関係していました。

その結果、腎臓の合併症(アルブミン尿)も睡眠時間と関連していました。

  • リンク集
  • ブルーサークル
    ブルーサークルは、国際連合(UN)が決議し国際糖尿病連合(IDF)が推進する「糖尿病との戦いのために団結せよ(Unite for Diabetes)」キャンペーンのシンボルマークです。