新着情報

HOME > 新着情報一覧 > 詳細

2018/08/02

【論文紹介】2型糖尿病患者における初潮年齢が肥満や血糖コントロールに与える影響 Fukuoka Diabetes Registry

第二内科糖尿病研究室と関連施設で行っている前向きゲノムコホート研究、福岡県糖尿病患者データベース研究(FDR)から新たな論文がJ Diabetes Investig誌に掲載されました。当研究室 大学院生の角亜希子先生が報告しています。

FDRの日本人2型糖尿病女性患者を対象に初潮年齢がその後の肥満や血糖コントロールに与える影響を検討した後ろ向きコホートの報告です。
11歳以下の初潮開始者は肥満や血糖コントロール不良に関連していました。初潮年齢が若い2型糖尿病女性では体重や血糖管理により注意する必要があることが示唆されました。
 
論文へのリンク Pubmed J Diabetes Investig

Impact of age at menarche on obesity and glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes: Fukuoka Diabetes Registry

Akiko Sumi  Masanori Iwase  Udai Nakamura  Hiroki Fujii  Toshiaki Ohkuma  Hitoshi Ide Tamaki Jodai‐Kitamura  Yuji Komorita  Masahito Yoshinari  Takanari Kitazono
J Diabetes Investig. 2018 Mar 25

前ページへ戻る

医学生・研修医の方へ
豊富な症例と優秀な指導医により応援・育成致します。
  • 九州大学病院第二内科
  • 福岡県糖尿病患者データベース研究

ブルーサークル
ブルーサークルは、国際連合(UN)が決議し国際糖尿病連合(IDF )が推進する「糖尿病との戦いのために団結せよ(Unite for Diabetes)」キャンペーンのシンボルマークです。